包茎手術

包茎手術とか、その辺のエトセトラ

包茎手術や包茎に関する話をまとめてみたサイトです。きっとお役にたてる情報が満載なはずです。

包茎手術は慎重にどちらか選んでください

男性の悩みである包茎は手術する事で治ります。その包茎手術の場合、外科である泌尿器科などの病院で行う包茎手術の場合は、2つの手術方法があり、それは「背面切開法」または「環状切開法」になります。どのような手術方法になるのかというと、ペニスを包んでいる皮に切れ目を入れることで、とりあえずむけるようにするという手術方法になるのです。長い皮は短くなりませんが、日常生活に影響するような真性包茎やカントン包茎をまずは仮性包茎にする為の手術になるのです。この手術はありがたい事に気になる傷跡は残りませんが、これは仮性包茎どまりの包茎手術になります。もうひとつの環状切開法というのはどのような手術法かというと、ペニスの皮の周りをぐるっとひと回りを縫い付けてペニスの皮を縮める手術法になります。たいていは専用のクランプという器具を被せて切る作業になるのですが、個人のサイズに合わせて作られてはいないので、目立つ場所に大きな傷跡が残るというリスクがあるのです。そして、太い血管も一緒に切ってしまうので、傷の治りに時間がかかり痛みもある手術でもあります。傷跡は気にしないという人には安くてとてもいい包茎手術ですが、若い人ならば後悔することもあるのです。

包茎手術にかかる時間

男性が抱えるコンプレックス要素で、一番大きいのが生殖器の事です。生殖器のサイズに関しては、男同士の中では言い合いになる要素でもあります。しかし、男同士でもあまり触れない部分があります。それが、包茎についてです。誰もが気になる部分ではありますが、うっかりすると傷つけてしまうかもしれないほどの重要な病気だと言う事を、男性は知っている訳です。しかし、もしも手術が必要となる包茎の状態ならば、そのままにしておいてはいけません。専門の機関でにより、包茎手術を受けなくてはならないのです。手術を受ける状態というのは性交渉が出来ないくらいの状態で、真性包茎の場合は必ず受ける必要があります。しかし、いざ受けるとなると、かなりの勇気が必要になります。自分の生殖器を切る訳ですから、誰でも怖くなるのは当然です。そこで、実際の包茎手術にかかる時間を調べてみるとほとんどの場合、一時間以内に終わると記載されています。局部麻酔により痛みも無く、一か月ほどで性交渉も出来るようになります。包茎手術クリニックへの入院の必要も無くすぐに退院出来る為、周りの知り合いにばれる心配もありません。受ける人の勇気さえあれば、あとはかんたんな包茎手術を受けるだけで、コンプレックスは解消されるのです。


 
Copyright (C) 2010 包茎手術とか、その辺のエトセトラ All Rights Reserved.